少年が観た夢

早く終わってほしい

それだけだ

とくに現在

ばら色の頬をした

くだらない

少年時代なんかはね



彼が少年だったかは別として、確実にそう想っていた

鏡に映る彼の頬は、もう始まりの季節の花の色を越えて
あの頃視る事が無かった世界の色に染まったのだろう


『ばら色の頬のころ』 中村明日美子

氏を知ったのはちょうど最初の単行本の
『コペルニクスの呼吸』が発売された頃
たまたま表紙買いをして、線の絵の美しさに魅了された

氏は、『ひとつの線の絵』を書く人だと思う

昔、天野喜孝氏が

『たくさんの線、色を使用していますが
 それをただひとつの線で表現する事が出来たら
 そう思っています』

とインタビューで答えていた事があった記憶がある

そんなイメージ

近年はKERAなどに、シンボル的な作品も書いている様なのだが
敢えてその方向は書かぬ方が良いのでは無いかな、と感じた

濃くても、『コペルニクスの呼吸』に於ける
サーカスの衣装くらいまでとか

因に、書店でBLコーナーに並んでいたのだが
氏の作品はBLでは無いと想うのだが…
世間認知はその方向なのでしょうか?
[PR]
by m.deidrich | 2007-03-25 08:43 | 瞑想
<< Ursprung 真空される部屋 >>