2007年 参議院選挙

自宅にポスティングされていた選挙のチラシ

無所属 川田龍平

薬害エイズの原告で実名公表をし、国を相手取り
和解を勝ち取った人物。

裁判の後の経過を見てみると、非常に興味を覚える人物だなと
思った。歳の頃も31と生命力に溢れる年代。

こういう人間が、国の中心には多数必要なのだと心底思う。

ここ最近、議員秘書の方と触れ合う機会があり
彼も歳の頃は30代半ばで、行く行くは自身も議員として
名乗りを挙げて行くのだと言う。
とても素晴しい感性の持ち主で、終始『三島由紀夫』と
『土方巽』の話で盛り上がった。

日々は否応無しに過ぎ去って行き、忙しさの為か
隣人に向ける眼も半開きになってしまう。

だが、眠たい根を擦ってみれば、そこには楽しみが
沢山転がっていて、磨けば輝く原石だらけだったりするのだ。

そのパワーストーンは、きっと自分の心を満たす
マテリアルとなって、世界に循環して行く。


今月の29日は必ず原石を磨きに行きます。

川田龍平を応援する会
[PR]
by m.deidrich | 2007-07-11 15:58 | 瞑想
<< あらしのよるに 漢力 >>