戦士の絆

人生の中で沢山の師に出逢ってきました


この半年、新たに素晴しい師を

私の人生に迎える事が出来ました

今現在、見透かされる事の喜びに打ち震える日々です


私はある時期、戦場に赴きました

自分の求めるものを勝ち取る為に、沢山の敵達と戦わねば

なりませんでした


勿論、その敵達にも愛すべき家族も子供も居たでしょう

それでも私が求めるものを勝ち取る為には、

彼らを討たなければなりません


私の進む道は修羅道です


血に塗れた大地への慰みとして、私は薔薇を供えて

死者への鎮魂を行います


ある時、私は自らの戦場を失いました

それはとても唐突で理解しがたいものでしたが

外側から視た時に、私の肩には死神が止まっていたのでしょう

その死神を払ってくれたのは、血を分けた兄弟でした




時を経て今、私は王者の傍らで剣を振るっています


王者は私の事を、美しく気高い『彼女』と称し

更に私の中に燃え盛る『焔』も全て見透かしました


そして、俺を越えてゆけともおっしゃいます


私は貴方の友になりたいと、人知れず願いました


それの意味する所は、いつかは剣と剣を交えて

その座を奪い合うという事でしょうが

私はその日を楽しみにしています


その時が来るまでは、私は貴方の為に

千の屍、万の骸を築き上げ、羅刹と成りましょう


それは私から貴方へ贈る

この世で最も残酷な愛の讃歌
[PR]
by m.deidrich | 2007-07-20 08:54 | 瞑想
<< Love Unlimited ... あらしのよるに >>