<   2007年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Der Steppenwolf

実りの多い土地を求め 人は彷徨う

辿り着いた先で待っていた番人は言う

此処は荒野だと


この場所では 牙を持つ獣しか

生きる事が出来ない

貴様は 牙を持つ者か?


心を投影する業師は言う


お前の柔らかな毛並みに隠された

光り輝く牙を 私は視たぞ

この灰色の荒野を突き進み

弔いを与え続ける事しか出来まい?


午睡の夢の中では 臆病者の羊

真実は 羊の皮を冠っただけの狼


獣は優しいひと咬みを 貴方の喉元に突き立てる
[PR]
by m.deidrich | 2007-02-18 13:58 | 信念

Prominence

燻る

身を焦がす

しかし忘れるなと 強く海馬の辺りに

熱く焼けた釘を打ち込む


そこは心の囲いの中にある戦場だ

精神を打ち抜く弾丸を放つ銃は持っていない

痛みを切り取る刃物も折れてしまった

あるのは二本の腕だけだ


どうかこの腕が 繋ぎ止める為の鎖でありませんように
[PR]
by m.deidrich | 2007-02-16 01:05 | 信念

刹那に滑り込む言葉

澱みの無い言葉や想いは、時として人に猜疑感を持たせる


昔は素直に受け入れられていた筈の言葉が
齢を重ねる度に、容易に咀嚼が出来ない


だがそんな環境の中でも、刹那に滑り込んでくる
言葉が在る

その瞬間の事を人は 『弱さ』と言うのだろうか


私はその弱さを咀嚼しながら、言葉を糧にして
生き、見据える力を得たいと想う




自分の敬愛する対象の言葉だと思えば
受け入れやすいかもしれません

注:届いた形式がチェーンメール式で、押し付けがましいのは
  嫌だったので読みたい方だけどうぞ ↓



1,大きな冒険を伴う大いなる愛と行いを大切にしなさい

2,失うものはあっても与えられた教訓は失わないこと

3,3Rをならうこと-自身を敬い-相手を敬い-自分の行動全てに責任を持ちなさい

4,求めているものが手に入らなくても,実はそれが幸運である事もあるのです

5,ルールを学ぶと正しいルールの破り方も学べます

6,些細な争いで、大切な関係に亀裂をいれてはいけません

7,間違えだと気付いたら、すぐに過ちを正す行動をとりなさい

8,一日の中で、一人で過ごす時間を持ちなさい。

9,変化に寛大であれ。しかしながら自分の価値を失うなかれ。

10,時には沈黙が一番の答えである。と言うことを忘れない事

11,正しく気高く生きなさい。年齢を重ね過去を振り返る時に、二度に渡って、人生を楽しめるようになるでしょう。

12,あなたの家庭にある愛に満ちた空間こそが、あなたの人生の基盤なのです。

13,愛する人との間に相違が生じたら、今、起きていることだけに対処すること。

14,自分の知恵を分かち合いなさい。それが不滅を実現する道なのです。

15,この地球に優しくあれ。

16,一年に一度、まだ見知らぬ土地に訪れなさい。

17,互いが必要する以上に愛しあうところには,最高な関係が存在しています。

18,手に入れるために諦めた事が、自分の成功だと判断しなさい。

19,愛を臨み,自由気ままに扱いなさい。
[PR]
by m.deidrich | 2007-02-14 01:25 | 瞑想

ewige Wahrheit

時の中に住む人々は

他者の夢の中に陶酔する



我々は喜びを与えられたであろう



だけれど 二人が思い描いたかも知れない

永遠は

我々のものでは無く

彼らだけのものなのだろう




どうかそっと時を止めさせて…


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070207-00000154-reu-ent&kz=ent
[PR]
by m.deidrich | 2007-02-09 02:08 | 夢想

そこに芽吹く意識

前述の通りに、日曜日は『共存』のお手伝いでした

開場30分前に到着し説明を受けて、本日のお役目は
『受付・Food・買い出し』に決定

どんな規模であっても、Organizerと言うのは本当に大変で
発起メンバーであり、Organizerの一人であるYoshiさんの働きを
横目で見つつ、一昨年の自分の事をふと思い出した

担当の関係で、演者さんのパフォーマンスは全く観れて
いないのだが、会場の熱気がその素晴しさを物語っていただろう

この国に生まれ生活をしている中では、そうそうに『飢え』と
言うものを感じる事は無いだろう
自分の場合は、何か集中的に物事を進ませる時に
狩猟犬を狩りに出す際に知覚を鋭敏にさせる為の『飢餓状態』を
作ったりしていたが、それはまた別の話で、『飢え』を選択する
事の出来る自由は、贅沢な事なのだろう

早い時間に一緒に受付を担当していた女性が
『私の母はユニセフの食料配給で生き延びたの。現実に身内に
そう言う話が在れば、考えざる得ない問題よね』
と言う話をしてくれた

ボランティアやチャリティーに否定的な発言が在るのも現実で
『不公平感』の問題や『偽善』と称される事も事実
助けを求めている人は沢山居るし、その全てに援助なり協力を
する事が出来ない以上、『不公平感』を論されるのは
仕方の無い事かも知れないけれど、全ての物事は連鎖されていて
この場所に蒔いた種は確実に、別の場所で華となって
『肉体の飢え』と『心の飢え』をほんの少し満たしてあげられるのだ


ほんの少しでも笑顔にしてあげる事が出来るのだ


第一回の『共存』では、場所を提供する事で協力をさせて頂いた
時を経て、自身の状況は変わりつつも、ささやかながらでも
こうしてまた共存の意識の中に混じり合わせて頂けて
嬉しく思うと共に、ご来場頂いた『共存』の精神を持った皆様と
出演者、Staffの皆様に心から感謝を

また、久々に顔が見たいと連絡を下さって
御足路頂いた方々に『ありがとう』を

交わした手の温もりと
抱きしめた身体の温もりは忘れる事はありません

また『共存』の意識の中でお逢い出来る日を
心待ちにしております
[PR]
by m.deidrich | 2007-02-06 01:27 | 瞑想

本日御奉仕

先日、日記に書かせて頂いた

WFP(国連世界食糧計画)学校給食プログラム支援イベント
「共存」 Vol 3

『WFP(国連世界食糧計画)学校給食プログラム』
http://www.wfp.or.jp/activities/sfp.html
「共存」 Mixi コミュニティ
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1043315

に、お手伝いをしに行く事になりました

多分、給仕か何かをしているんだと思います
エプロンを持ってゆくか…

人が多い場所は、1年振りくらいでしょうか?

髪もショートに断髪して、地味に紛れてるかと思いますが
見かけて気付いたら声を掛けてやって下さい

片言の日本語で喋ります

共存のFoodをプロデュースなさっているYoshiさんのお料理は
美味しいのは勿論の事、心まで暖めてくれるので
ちょっと元気が無いな…と言う方は、麗らかな日曜の午後に
素敵な音楽やArtと共に、ハートに栄養を与えてみては
如何でしょうか?

それでは
本日、青山でお逢い致しましょう


●「共存」2月4日(日) 16:00〜22:00 ●

@共存(青山Las Chicas )東京都渋谷区神宮前5−47−6
tel: 03-3407-6864 / 6865

Map: http://www.vision.co.jp/lc/map.htm
携帯用Map :http://gmap.jp/shop-1138.html

料金: 1,500yen / 1D
(収益金は経費を除きすべてWFP国連世界食糧計画に寄付させていただきます。)
[PR]
by m.deidrich | 2007-02-04 02:39 | 告知