最前線

今週の前半、機会に恵まれ民放のドラマの制作現場に
立入る機会があった

しかもその作品の監督は、現在業界では間違いなく
トップランナーの『T』監督

氏の作品は思春期の頃から意識せずに観ていて好きだったし
近年のディレクション作品は、欠かさずチェックをしている

世間的にも『T』監督の作品は大ヒットしている


期待に胸を躍らせて参加すると、撮影現場の異常に気が付く
なにかがおかしい

通常の撮影機材に加えて、ディレクターズルームが
併設されているのだ

何度も民放の撮影には参加したり、裏側を覗いた事はあったが
こんな例は初めてで、思わず事務所の人間に聞いてみたが
やはり得意な例で日本で唯一『T』監督一人だけがこの仕様での
撮影を行うらしい

こだわりも勿論だが、経費的にも『T』監督だからこそ
成せる業なのだそうだ


出演陣もかなり豪華でトップアイドルの『D・K』や
『K-TのN・Y』『H・Y』や『K・N』など知った顔ばかり

その中でも個性派俳優の『N・M』は別格で
漂わせているオーラが尋常では無かった
撮影中も空気の持って行き方が独特で、氏のペース配分に
なって行くのが良く判った

一秒のカチンコの遅れですら激が飛ぶ現場はとても刺激的で
この日経験した事はこの先の自分に
とても深い一石を投じてくれた様に想う
[PR]
by m.deidrich | 2007-05-26 09:27 | 戦況
<< サードインパクト 期は熟した >>